ばよんまん
NEWS
今思い出した。このコーナーは、音楽活動やライブの告知もできるように作ったんでした。そんなのもそのうち書き込みますので〜。
2007-01-17 : ばよ〜んばよ
長いことなんやかんや
飽きもしないで続けてきたこと
それは表現すること
思い通りにならなかったり
他人の評価が気になったり
自分はダメだと思ったり
自分はスゴイと思ったり
何もかもをいっぺんにやろうとするから
疲れて集中力が切れてしまう
その繰り返しだったけど
モノにならなかった過去の石ころが
捨てられずに取っといた石ころが
実は今、役にたっている。
やっと解ってきた
人生は楽しい
思い通りに行かないから
2007-01-05 : 名づけ
何年か前の正月
娘たちに
洋風の名前を授けた

一番上のお姉ちゃんは
「フランソワ」

二番目さんは
「クリスチーヌ」

末っ子は
「マーガレット」

しばらくは
喜んで呼んでたけど
みんな
おっきくなっちゃったからねぇ
奥さんにも
洋風の名前
付けとけば良かった。
2007-01-02 : 自由なソラ
時間を元に戻すことは
できないけど
僕らにはたくさんの
明日があるから
回りの壁全部
ブチ壊して
必ず君を迎えにゆくから


見えない鎖断ち切って
今心を解き放って
君のそばに飛んで
ゆきたい
ソラの青さがわかるかい?
二人で見てたあのソラ
僕らは自由さ

「生まれてこなければ良かった」
つぶやく君を
抱きしめてあげたかった
今夜は星が綺麗さ
いつでも僕がそばにいるからね

見えない鎖断ち切って
今心を解き放って
君のそばに飛んで
ゆきたい
ソラの青さがわかるかい?
二人で見てたあのソラ
僕らは自由さ


2006-12-22 : 幸福
幸せか、不幸せか。
それを決めるのはその人の心。
どんなに恵まれていても、何かが足りない!
そう思うのなら、
その人はきっと不幸なんだろう。
何一つ持たなくても、満ち足りている!
そう思える、
その人はきっと幸福だ。
2006-12-22 :
明日に希望を持てなければ、
「今日」がどんなに豊かで恵まれていても、
明日がくれば、それは「後悔の昨日」に変わる。
夢を捨てない人には
いつも「希望の明日」が来る。
2006-12-20 : 冬の蕾
高い梢に
堅く閉じて
春を待つ君は蕾

冷たい風が何度も吹き付けて
枝を揺らす

凍えたその手を
暖めてあげたい
季節が過ぎて美しい
花が咲くまで

降り注ぐ春の光
君の笑顔が輝く
恐れる事は
何もない
再び歩きだせるよ

嘘や裏切り
思いやりのない
冷たい言葉

君を待っていた悲しい現実
君が何をしたと言うの?
擦れ違った心をもう一度
重ねあわせ
途切れた思い出を拾い集めて
笑顔戻るように


降り注ぐ春の光
君の笑顔が輝く
恐れる事は
何もない
再び歩きだせるよ
2006-12-19 : 仲間達
古くからの音楽仲間が集まって、久しぶりにスタジオに集まった。
今は別々の場所で活躍する人達だけど、
演奏が始まると、まるでずっと一緒にやって来てたみたいにまとまる。
あの頃と同じように、僕はリハーサルに朝まで付き合った。
あの頃と違うのは、僕もオリジナルの曲作りをしている事。
睡眠不足だけど、眠くないのはあの頃と同じ。
2006-12-18 : 奇跡の料理
レシピもなく、材料を眺めてインスピレーションで料理する。二度と作れない奇跡の味。例えば残り物のイカそうめんとホタテをオリーブオイルで炒め、サイコロ状にカットしたトマトを乗せる。バジルが利いてて美味かった。あれから何度か挑戦してるけど、二度と同じ味は出せない。
2006-12-18 :
家族との時間が、一番の幸福。僕に似てしまった娘達は、ところどころ僕に似たバカな特徴を受け継いでいて、笑っちゃうほどにおバカさんで、哀しいくらいにいとおしい。もちろん、お母さんに似て三人ともとっても可愛いのです。そして子供たちはお母さんが大好き。今では我が家で一番ちっちゃい人となってしまったお母さんが迷惑そうにしても、かまわずくっついて離れない。何の計画も無くここまで来た我が家の今の姿です。